LEDについて

LEDの系譜と可能性

LEDとは「発光ダイオード」と呼ばれる半導体のことで“Light Emitting Diode”の頭文字をとったものです。LEDはこれまでの白熱ランプや蛍光ランプ・HIDランプとも違い、特殊な構造をもつ物質に与えた電気エネルギーが直接、光に変わるという新しい仕組み(+の性質を持つ物質と、−の性質をもつ物質の接合部で発光する)の光源です。
1960年代に赤色と黄緑色のLEDが開発され実用化されていましたが、1993年に青色LEDが開発され、96年に白色LEDが開発されてから新しい照明光源として注目されるようになりました。この十数年で蛍光灯の効率に追いつくレベルにまで達した白色LED。第4世代のあかりとしてこれからの可能性に期待できます。
ガス灯が設置された1810年代以来、約60年ごとに大きな発明があります。1879年には白熱灯、1938年には蛍光灯が、そして1996年には現在のLED照明の基本となる白色LEDが登場しました。

白色LED が登場してから約10 年。その性能は向上し続けています。LED の応用技術は拡大の一途をたどり、性能に対する様々な課題があることも事実です。
日進月歩の技術開発はこれらの課題を乗り越え,LED 照明の高効率化・長寿命化及び低価格化が更に加速され、小型・軽量・高演色性などの先端技術も取り込みながら拡大を続けることは明らかです。
光源の全てを半導体で構成できるため,デジタル制御による省エネ性・快適性・安全性などの新たな付加価値を見出すことも可能になります。
このようにLED 照明は,既存光源からの置き換えに加え,新たな照明市場を切り開き,21 世紀のあかりとしてますますその用途が広がっていくものと期待されます。


LED照明の特徴

①長寿命(白熱電球の約40倍)

LED照明は従来の白熱電球と比較すると定格寿命は約40,000時間であり、約40倍長持ちします。
1日8時間の点灯なら約13年も使えます。
器具交換にかかる作業費用も大幅に節減することができます。


②低消費電力(白熱電球の約10/1)

一般的な白熱電球と比較した場合、消費電力は約10分の1程度になります。
一般的な蛍光灯と比べても約3分の1程度です。

 


③CO2削減効果

消費電力が少なくて点灯するため、CO2排出量も抑えられます。
省エネ法対策としても有効な手段となっています。


④有害物質が含まれない

環境や人体に有害な水銀・鉛・カドミウムなどの有害物質を使用していません。
廃棄処分も容易です。


⑤虫が寄りつきにくい

紫外線が少ないため、虫がほとんど寄りつかず衛生的です。食品を扱う店舗や病院、グラウンドなどに最適です。


⑥商品や展示物の劣化を防ぐ

熱を発生する赤外線もほとんどありませんので生鮮食品の劣化を防ぎます。
紫外線が少ないため、展示している衣類や絵画等の色褪せを防ぎます。